老後の年金、本当にもらえるの・・・?

 

 

会社勤めの方であれば、毎月のお給料から引き落とされ、毎月積み立てられている年金。

決まりなのでお給料から引かれるのは仕方がないけれど、私たちが老後になった時に本当にもらえるのかどうかいまいち信用できない…

そう思っている方は少なくないのではないでしょうか。

 

現行の制度では、65歳から老齢年金を受け取ることができます。

老後に受け取れる年金には ” 老齢国民年金 ” と ” 老齢厚生年金 ” の2種類あり、自営業の方であれば ” 老齢国民年金 ” のみ、会社勤めの方であれば ” 老齢国民年金 ” と ” 老齢厚生年金 ” の2つを受け取ることができます。

” 老齢国民年金 ” は20歳から60歳までの40年間の中で、” 何年間積み立てていたか ” によって65歳から受け取れる年金額は変わります。老齢国民年金を受け取るためには、最低でも25年間積み立てていなければ受け取ることもできません。

” 老齢厚生年金 ” は20歳から60歳までの40年間の中で、 ” 何年間積み立てていたか ” と ” 毎月の平均月収はいくらだったか ” の2点によって65歳から受け取れる年金額は変わります。老齢厚生年金も老齢国民年金と同様に、最低でも25年間積み立てていなければ受け取ることもできません。

 

今の制度で一体、どれだけの年金がもらえるのでしょうか。

自営業の方、会社勤めの方、それぞれ受け取れる年金額を見てみましょう。

積み立て期間 自営業の方

(老齢国民年金)

会社勤めの方 (老齢厚生年金 + 老齢国民年金)
標準報酬月額

(毎月の平均月収)

標準報酬月額

(毎月の平均月収)

標準報酬月額

(毎月の平均月収)

25万円 30万円 35万円
25年 約4万円/月

(年間 487,600円)

約8.5万円/月

(年間1,022,000円)

約10.5万円/月

(年間1,235,700円)

約12.0万円/月

(年間1,449,500円)

30年 約4.8万円/月

(年間 585,100円)

約10.2万円/月

(年間1,226,400円)

約12.3万円/月

(年間1,482,900円)

約14.4万円/月

(年間1,739,400円)

35年 約5.6万円/月

(年間 682,600円)

約11.9万円/月

(年間1,430,700円)

約14.4万円/月

(年間1,730,000円)

約16.9万円/月

(年間2,029,300円)

40年 約6.5万円/月

(年間 780,100円)

約13.6万円/月

(年間1,635,100円)

約16.4万円/月

(年間1,977,100円)

約19.3万円/月

(年間2,319,100円)

 

これらは現行の制度のまま年金を受け取った場合ですので、私たちが年金を受け取る20年後、30年後には受け取れる年金額が変わっている可能性がありますし、老齢年金が受け取れる年齢も、65歳からではなくもっと遅くなる可能性もあります。

 

 

老後はいったいどれくらいお金がかかるの・・・?

老齢年金で受け取れる年金額は分かったけれど、果たして本当にこれで足りるのだろうか・・・?

そもそも老後はどれくらいお金がかかるんだろうか・・・?

 

 

 

” じぶん年金 ” で自分の将来は自分で切り開きませんか

近年では、定年退職を迎えた方でもまだ働けるからと雇用の継続をされる方、再就職される方も増えています。

もちろん、定年退職後に働くことが悪いこととは思っておりません。

ただ、年齢を重ねるにつれ、病気を患うリスクが高まったり、当然ながら現役時代と同じ様に働くというのは非常に厳しい状況でもあります。

 

そんな時、手元にまとまったお金があれば、身体の調子に合わせて仕事の負担を減らしたり、時には休んだりと心にも経済的にも余裕を持つことができます。

 

お金は急に貯めようと思っても